ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
今週の映画情報
今週の地上波映画
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月号のアフタは1kg越えしてた…
ちょっと太ったんじゃないですか?
良いことなんですが……やっぱ重い。

芦奈野先生の読みきり「カブのイサキ」は何だかミニシアター系。
でも心に染みるな… 理由は不明。
面白いと思った方はアフタへ連載の要求を!

「蟲師」は良いなあ。
コミック大人買いしたい。
でも金が無い。

「謎の彼女X」は休載のお詫びに変なの描いてた…

新連載の「学園夢探偵 獏」は今後に期待できる作品。
「……いちチクビ……………にチク」
主人公のエロすぎる妄想に涙。

「そんな奴ァいねえ!! 千葉 鉄の旅」はスルー。

「無限の住人」新刊発売記念企画
「冥土喫茶」黄泉返りなさいませ御死人様
では逝ってらっしゃいませ

「ハトのおよめさん」がアフタヌーンの良心?
寝言は寝て言え。

「チノミ」はやっぱ無理。

「呪街」は優愛菜が可愛いですね。

「ナチュン」は急展開!!
ドル子が出てこなかった…(涙)
でも扉絵はエロス

無駄話終わり。一体何を書いてるやら。

知ってる人はとっくに知ってると思うけど、
「逮捕しちゃうぞ」TVアニメ新シリーズが製作されるそうです。

そして「げんしけん2」も今秋放送開始。

「しおんの王」もアニメ化!
これが一番嬉しい。

奇跡の受賞!
「さよなら絶望先生」講談社漫画賞受賞!
これはやっぱネタですか?
今でも信じられません。
月刊 アフタヌーン 2007年 08月号 [雑誌]
スポンサーサイト
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
先日触れた、ひぐらし「蔵出し編」について少し。

この「蔵出し編」に登場する数々のテキストは、
いくつも生み出された
―かけら遊び―のカケラたち
同じ世界であるのに――
このようなIFもあった
そんなカケラの輝きを
皆さんにお届けします


上記のように本編では使われなかったシーンが
描かれているわけですよ。(当たり前ですね)
原作ノータッチでコミックスのみを読み進めている僕ですが、
確かに本編の方が良いと思います。
あくまで原作形成の中、棄てられてしまったテキストなのです。
まあそれを踏まえて読んでみると面白いですよってことで。
(これも当然)

大石の優しい一面…鳥肌モノです。
詩音崩壊…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

イラストの方も、
ひきつった表情のメイド姿圭一。
どうみても巨大化魅音。
落書きなのに可愛いメイド羽入。
等々、見所たくさん。
特にミモリ先生の描く羽入は可愛すぎww
07th Expansion
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
 私立蒼峻学園は「優秀な人間を育てるために国が資金援助をして設立した」学園。三歳の時から学園の中で育ってきた高野槙は、外の世界への興味を抑えきれない。そんな時、学園に転校してきた氷夏桐子に槙の記憶は刺激される。
 ―彼女は以前この学園にいた筈だ―、自分の記憶の曖昧さに不審を感じていた槙は彼女に接触を試みる。そして聞かされる。
 蒼峻学園は大手製薬会社の実験施設なのだと。
 彼女の脱走に力を貸した槙だが――
 数日後、学園に再び姿を現した桐子は槙に虚ろな目を向ける。

ストーリーはこんな感じ。
アフタで途中から読んでたけど、一巻を読んでみた。
やっぱり面白いですよ。
著者独特の雰囲気がストーリーにあっている。
今後の展開が気になる。
二巻は学園から逃走した後の、槙たちがえがかれているらしい。


隔離された学園都市 作られた日常 操作された記憶、学園の名を借りた実験施設 自由への逃走
培養された天才児たちの反乱。
僕たちは学園から“自由”という出口に向かって走り始める。
迷路で走り続けるハツカネズミのように。
(Amazon内容紹介より)


「ハツカネズミの時間」は月刊アフタヌーン連載の冬目景作品。
最新三巻は6月22日発売。
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
「ToLOVEる」4巻が発売されてた。
4巻にして既に惰性で買っている感が否めない…
言いたいことはいろいろあるけれども、
でもキャラクターファイルなんかを読むと、
意外と考えられて描かれているので、
もはや何も言うまい。
読者も大層いるようだし。

30話でコロット風邪をひいて性格の変わったララだけど、
何にも感じなかった…
やっぱ普段のララが駄目なんですよ。
僕にとっては。
天条院先輩の方が良い。
でも…無いな。
好きなキャラがいない…

まあいいんですよ。
ほどよいエロスとギャグがあれば…
……ほどよい?
やっぱ少年誌でこれはまずいんでないですか?




オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
「Rozen Maiden」遂に完結です。
↑タイトルのようにはなりませんが。
あれ、この終わり方は…打ちk(ry

ストーリーは七巻末までしか読んでないので、
最近の展開はよく分かりませんが。
しかしこの終わり方は「あり」ですか?
最終巻は6月23日発売だそう。


「ほら いつもみたいに ぎゅうってして…?」
が良かったです。




あなたは…
開けますか?
開けませんか?

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。