ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
今週の映画情報
今週の地上波映画
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒頭のセリフのないシーン、何となく良かったな…

「では……始めましょう」
遂に夜神月死亡まで、カウントダウン開始ですね。
(↑これはネタバレ?シラネ)

「お前のことは、読めている。必ずこっちが勝つ!」
おやおや…月はともかく、ニアが声を荒げるとはね。
声には出さなくとも、ちょっと意外なお言葉。

メロは相変わらず声が似合わぬ…
マットは更に似合わぬ…
どこのおっさんですか…(;´Д`)

マット…
お間抜け。
純真そうな顔して…

清美…
溺愛していた月の口から出た言葉は…「出来るね」
可哀想に。
原作でも月に捨てられるとわかっていたんでしょうね。
描かれてはなかったけど。

相沢、伊出…
この調子だとやっぱりただのお馬鹿さん。
相沢の「キラを殺して自分も死ぬ」発言は確信犯かと思ったのですが、
やっぱり不注意発言だったのか?

月…
黒い。
この一言に尽きるな。
「これで終わる…いや今日から始まる。完全なるキラの世界が」

次回「1.28」
DEATHNOTEアニメ公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
 ミステリを読み始めて早7年。最近推理小説ずれしてきたんじゃないかと富に思います。いやね、観察力が上がったとか、推理力が上がったんならいいんですけどね。何となく、わかっちゃうんですよね。トリックの大まかな部分とか、真犯人とかが。まあ基本的に頭遣って読んでるわけじゃないですから良いんですけどね(読者への挑戦とか悉くスルーしてますし)。
 先日読んだ西尾維新のヒトクイマジカルとか、わかっちゃったんですが、どうなのかなあ。あれ、難易度低いのかなあ?分かんないけど。シリーズ物を途中から読むのは僕の悪い癖なんですが、戯言シリーズもその一つ。…そこそこですね。うん。今まで読んだのよりは面白い気がする。
 DEATHNOTEの番外ノベライズもそんなに面白くなかったし…。あらかじめ創られた世界の中では実力を発揮できないタイプなのかな。機会があれば戯言シリーズ、一気に読破したい。けれども、目の前にはターミネーター2シリーズと千里眼旧シリーズが積み上げられているのです…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 西尾維新といえばメフィスト賞作家だけど、メフィスト賞はかなり自由の利く新人賞なんですね。Wikipediaで調べたところ、
「究極のエンターテインメント」つまり面白ければ何でもありというキャッチフレーズで作品を募集しており
編集者の目に留まった作品はすぐにでも出版される可能性があるということで、現在最もデビューのしやすい賞と言われている
そうな。ブログ書いてる人には小説とか書いてる人多いけれども、ご参考になれば。(みんな知ってるか)
 うん。だいぶ本線から逸れたね。別にテーマなんか気にしちゃいないぜってことで。
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
少しずつ読み進めていた、庄野潤三著の「せきれい」を遂に読み終えた。

四季を彩る庭の花、賑やかな鳥たちの訪れ、食卓を賑わす旬のもの、懐かしい歌とピアノの音色、善き人々との去来……。変わるものと変わらぬもの。静かだけれど、本当に豊かな暮らしがここにある。子供たちが独立し、山の上のわが家に残された老夫婦が送る、かけがえのない日々を透徹した視点で描く傑作長編。(本書カバーより)

 本書は小説でなく、「日記」という事で良いのかな?誰かに読まれることを前提としているため、やや備忘録のような印象も受ける。でも基本は日々の何気ない出来事をただ流々と記したものであるから、何度も同じことに触れることもあるし(それが自然なのだが)、不自然な説明口調が変に感じられることもある。まあそんなことは気にならない位魅力的な「日常」が描かれているわけです。

 「事件」らしいものは何も起きず、全体として起承転結は無いのだが、何気ない日々の出来事がかけがえのないものだと教えてくれる。些細なことでも幸せに感じ、些細なことでも「ありがとう」と言う。そうの繰り返しが、老夫婦を取り巻く自然や家族、友人たちとの生活を形成している。
 流石に主人公の視点で「この日々」を視ることは難しいが、傍でとてもうらやましげに見つめている自分に気付く。何を幸せと言うかは人それぞれだが、どんな人生を送っていくにしても、このような老後を過ごせれば、その人達は、やはり幸せな人生を送ったことになるのだろう。
 
 誰かに「読んでみて」と勧めたくなる。寝る前にでも、少しずつ、少しずつ彼らの「日常」を味わっていただきたい。「明日」は「今日」とほんの少し違う「今日」。

よく咲いてくれた。ありがとう。


ちなみにタイトルの「せきれい」とはブルグミュラーが作曲したピアノ曲で、ピアノを習っている主人公の妻がなかなか上手く弾けない練習曲。
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
ジムとカレン死亡…
でも健闘してたよね!ジム。
覇王十代、初デュエルのはずなのに、
意外と追い詰められてた。
ライフの加減が絶妙で、
演出されすぎてる気もするけれど、
それはお約束と言うことで。

「超融合」
…またせこいカードが出てきましたね。

で、逃げ出したオブライエンに翔は…
「誰も責めやしないよ」てww
どんだけ上から目線ww
でも同級生だったんだよな…
忘れてた。
今日初めて2chのGXスレ見て来たけど、
旧メンバーの風当たりがかなり強いみたい。
特に翔が。
まあきもちはわかるけどな。

GXで嫌いなキャラとかいないけど、
明日香さんは早いとこ復活させて欲しい。

遊戯王デュエルモンスターズGX公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★最大一ヶ月無料キャンペーン中!



オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
先日触れた、ひぐらし「蔵出し編」について少し。

この「蔵出し編」に登場する数々のテキストは、
いくつも生み出された
―かけら遊び―のカケラたち
同じ世界であるのに――
このようなIFもあった
そんなカケラの輝きを
皆さんにお届けします


上記のように本編では使われなかったシーンが
描かれているわけですよ。(当たり前ですね)
原作ノータッチでコミックスのみを読み進めている僕ですが、
確かに本編の方が良いと思います。
あくまで原作形成の中、棄てられてしまったテキストなのです。
まあそれを踏まえて読んでみると面白いですよってことで。
(これも当然)

大石の優しい一面…鳥肌モノです。
詩音崩壊…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

イラストの方も、
ひきつった表情のメイド姿圭一。
どうみても巨大化魅音。
落書きなのに可愛いメイド羽入。
等々、見所たくさん。
特にミモリ先生の描く羽入は可愛すぎww
07th Expansion
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
何故今更「恋する乙女は強いのよデッキ!」なのか?
単純に見逃したからです。で、借りて観ました。
他にもアリスとかレイ二回目登場時とか、
肝心なところを見逃してます…orz

それにしても
レイが可愛い。
この時点で小学五年ですか。
snapshot20070611112257~1.jpg


E-HEROフガイナスww
フェザーマン何この表情ww↑
バーストレディの声があんまり合ってなかった気がする。

レイを諭す明日香さんカワイスww
DVDのTURN-5は他に17,18,19話収録。
久々にBMGを見た。
BMGも良いですなあ。

17,18話で十代が倒した後の神楽坂は面白すぎ。
遊戯王デュエルモンスターズGX公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★最大一ヶ月無料キャンペーン中!

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
ドリームジャンボの抽選結果が発表されてた。
…かすってもいやしねえ…orz
まだ確認していない方はお忘れなきよう。

宝くじネット・ドットコム
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
東野圭吾著「むかし僕が死んだ家」を再読。

「あたしは幼い頃の思い出が全然ないの」。7年前に別れた恋人・沙也加の記憶を取り戻すため、私は彼女と「幻の家」を訪れた。それは、めったに人が来ることのない山の中にひっそりと立つ異国調の白い小さな家だった。そこで二人を待ちうける恐るべき真実とは……。超絶人気作家が放つ最新文庫長編ミステリ。(出版社からの内容紹介より)

 長編でありながら退屈せずに一気に読み終えた。その辺は流石にすごいと思う。悲しい、恐ろしい話の類ではあるのだが、著者の作風からかそんな感じは全く無い。あれ?それっていいことなのかな?ちょっとあっさりしすぎている気もする。
 他の方のレビューを見ていると、やたら「伏線が巧妙」だの「伏線がちりばめられている」的なことが書かれているが、これって本当かな?「伏線」が多いのは認めるけど、「伏線」が巧妙かどうかは微妙。これらの「伏線」は隠されたものでは無いのではないだろうか?容易に真相が掴めてしまう(再読ゆえに、なのかもしれませんが)。むしろ「理解るのに、理解りたくない」、そういうことなのではないか?
 (ネタバレ?)→当時は「虐待」が問題になっていた時期だったのではないか?解決法も思案されいていた筈だが、未だに虐待が無くなっているとは思えない…難しい問題ですね。一度話題になり沈静化すると、問題意識が以前よりうすくなってしまう。当事者はそんなこと無いのだろうけど、周囲から気付かねば解決しない。勿論当事者が最終的に解決しなければいけないのだけれど。
 おっと話が逸れた。ジャンル的にはミステリになるけれど一風変わったこの作品。退屈せずには読めると思います。


追記:そういえば僕の姉も、大学のセンセも東野圭吾を「とうのけいご」って読んでた。もしかしたらそういう人結構いるのかな?と考えてみる。正しいのは「ひがしの」です。お間違え無く。
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
出演:豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司
監督:源孝志
公開:2005年

 全体に漂う雰囲気が良いですね。停電の中、たまには蝋燭で過ごすのもよいですね。意味もなく一人、蝋燭の炎を見つめて過ごしたことがあります。ええ、一人で。大停電と言う状況にロマンを感じる人は少なくない筈。まあ、実際に起きたら困りますけどね。

ストーリーはなかなか説明しづらいです。

登場人物たちがそれぞれの、会いたかった人、傍にいるのに大切に出来なかった人、本当に愛していた人、意識しながらも逢えないでいた人達と出会い、別れていく。
大停電の夜に交錯するそれぞれの関係、それぞれの想い―

 具体的な説明がまるでない…orz
 詳しくはググれ。
 大停電の夜に

 レビューで誰かが言っていたけど、これはそれぞれの登場人物に無理に関係を持たせなくても良かったんじゃないかと。まあ思いますよね。一つ一つじゃあ映画は成り立ちませんけど、無理に繋げなくても良かったんじゃないかと。
 物語の主軸は、豊川悦司演じるバーのマスターになるんでしょうが、田口トモロヲ演じる遼太郎の方が主人公にふさわしい気もします。でも遼太郎を周りの視点から見ることも多いし…

二人でも或いはそれ以上でも、誰か大切な人と一緒に、
是非観て頂きたい。
うん。俺は一人で観たけど。
家で見るより映画館の中で観たいような気もします。
ホームシアターとかある人は別ですが。

―ずっと 会いたかったんだよ―

「大停電の夜に」公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★最大一ヶ月無料キャンペーン中!

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
舞乙-Hime Zwei第三話を観ました。
サービスシーン満載!
いやマヂで。
さすがOVA。
ニナかわいいよニナ
まきまき(凶悪)度も更にアップ!
とはいうものの、すでに前二話のストーリー忘れてたww
ちょっと観てみる。後で改めてレビューを。
でも次回第四話でもう完結みたい。
ん~勿体無い。
第四話は8月24日発売。
公式HPを見てると、
どんだけメディアミックスしてんだww
って気がする。
どこまで追い続ければ良いですか?

舞‐乙HiME Zwei~ガルデローベOfficialWeb~ ユメノ☆ツヅキ

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
演技が下手すぎる…
LIARGAMEでは明らかに狙った笑いでしたが、
こちらではそんなに笑うほどのシーンじゃないか。
何この桃源郷ww とか思ったけど、
やっぱ男もいるのな。
グアームはエロオヤジ。
螺旋王もそうなのか?
ニアを人形のごとく棄てた螺旋王ですが、
もう完全にイメージが固定されているので、
さほど酷いとは思わなかったです。

まんまと罠にひっかったキタンですが、
彼はやっぱり天然のよう。
ではカミナは?
どちらにせよカミナのセリフは名言ばかり。

遂にシモンが復活(あるいは更に成長)!
シモンかっけぇww
セリフはダサいけど。

それにしても神出鬼没のじいさんは何者ですか?
次回第12話は
「ヨーコさん、お願いがあります」
サービスシーン満載の予感ww
天元突破グレンラガン公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
LIARGAMEももう第九話、残すは後二話のみです。
新キャラはヨコヤだけ。
二回戦と違って人数にこだわりはない、と。
ヨコヤはどこから出現?
ストーリーと関係あるのかないのか?
それにしてもさすが深夜(とは言えないけれど)ドラマ、
演技が目茶苦茶。
まあ普通の状態にある人は良いんですが、
某薬中とか某チビキノコとかはもう…
確かにゴールデンでこれは出来ないだろう。
(最終回では九時から放映ですが)
もうね、何というのか。
キャラに沿った演技ではない気がする。
もう変な人としか言えないww
まあそれが見せ場といえば見せ場なんですが。
ヨコヤは変態。オオノは馬鹿
ヨコヤは真性。オオノは仮性

というわけで次回からは原作とは違う(多分)展開。

13ゲーム目、検査官の直が検査ルームに向かうと密輸人のヨコヤはテーブルの下にあるボタンを押して「水の国」にいる秋山に向けて話しだした。その言葉を聞いた秋山は猛然と怒り出して次のゲームから密輸人も検査官もすべて自分1人でやり出した。ところが怒りのせいか秋山の判断はことごとく外れていく。そして持ち金がなくなった秋山は「水の国」全員のカードを奪ってゲームに挑むが、それでも負け続けていく。そして20ゲームが終了し、レロニラから中間報告が行われて…。
(公式サイトより)

次回も期待大!!
でも後二話っていうのは寂しいな。

LIARGAMEドラマ公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
「ハサミ男」で第13回メフィスト賞を受賞した殊能雅之の第二作。
単行本は2000年4月発行。

病を癒す力を持つ「奇跡の泉」があるという亀恩洞(きおんどう)は、別名を〈鬼隠れの穴〉といい、高賀童子(こうがどうじ)という牛鬼が棲むと伝えられていた。運命の夜、その鍾乳洞前で発見された無惨な遺体は、やがて起こる惨劇の始まりに過ぎなかった。
古今東西の物語の意匠と作家へのオマージュが散りばめられた、精密で豊潤な傑作推理小説。
(本書カバーより)

…あれ?俺全然わかんねww
俺頭悪ww
登場人物の視点がやたら変わったりして、腰が定まらん。
あと、大量の引用を全然知らない。
物凄く翻弄されまくった感じ。

真犯人の正体(というか成り立ち?)には、
ああ!なるほど!とか思ったけど、
トリック自体はまあ普通かな?
暗号文は端から思考を放棄。
いずれにせよ、
「ハサミ男」のように文章にキレが無い。
あれ?俺今上手いこと言(ry
レビューでは「重厚で」「読み応えのある」文章などとされていた。
あと、探偵役の石動戯作のキャラクターが面白い、
などと言われていたが、…そうなのか?
少なくとも2007年現在ではさほど目立つキャラクターでもないと思う。

「ライトタッチの横溝作品」という感じらしい。
横溝作品あんますきじゃないからなあ…
横溝作品が好きな人はどうぞ。

見よ、勇者たちは皆、こうして冷たい骸をさらしている
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
木曜洋画劇場で「ニューオーリンズ・トライアル」をやってた。
最初のほうは退屈そうだったけど、後半からはなかなか。
片手間に観たからあんまり良くわからなかったけど、
いつかじっくり観てみたい。
来週6月14日は「ファイアストーム」
再来週6月21日は「山猫は眠らない2」
を放映の予定。


6月9日公開の「プレステージ」のCMをやってたけど、
なかなか面白そうです。
公式サイトでは、サイト内にギミックが隠されている。
その中から五つの鍵を探し出すと賞金50万円もらえるらしい。
まあ全員の筈はないから、抽選になるんじゃないでしょうか。

TV TOKYO CINEMASTREET
「プレステージ」公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★最大一ヶ月無料キャンペーン中!

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
出演:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト
監督:サム・ライミ
公開:2004年

現在公開中の「スパイダーマン3」。「2」をこの前TVでやってたのに見逃したので借りてみた。つっても一度観てるんだけど。

 MJに告白されるも、スパイダーマンとしての道を選んだピーター。
しかし本来の学生生活との両立に苦心することとなる。ある日、オクタヴィアス博士の核融合実験プロジェクトの公開実験に参加したピーターは、その実験に不安を感じる。案の定、実験は失敗。スパイダーマンとして爆発を防ぐが、事故の影響でオクタヴィアス博士は人工知能を持つ金属アームにその心身共に支配されてしまう。 ―実験が失敗するはずは無い― 再度実験を行うために金銭を奪おうと考えた博士は、ドック・オクとしてピーターの前に姿を現す。
 同じ頃、ピーターは未だに思いを寄せるMJの婚約を知る。MJはもう僕に微笑みかけてくれない… 更にはスパイダーマンとしての能力を失いかけていることに気付く。「僕にはピーター・パーカーとしての人生がある」そう思ったピーターは遂にスパイダーマンを辞めることを決意する…
 充実したピーター・パーカーとしての人生。災難から目をそらし、一人の学生として平穏な日々を過ごすのだが… しかし火事に巻き込まれた幼児を見殺しには出来なかった。

Everyone loves a hero.

 やっぱり良いですね。スパイダーマンは。他のヒーローに比べても親しみやすいし。アクションシーンは一つの見所ですが、ストーリーも良い感じ。特に「2」では、ドック・オクが急加速させた電車をスパイダーマンが止めた後、人々に介抱されるシーン。感動しました。涙は出なかったけど。
 ピーター・パーカーはやたら心境の変化が起こるけど、それを演じるトビー・マグワイアはやっぱり役者。特撮はみんなそうかもしれないけど、そこに「ないもの」を「あるもの」として演じるのはやっぱり凄いことですね。全然想像つかないです。
 キルスティン・ダンストは相変わらず美人なのかそうでないのか(失礼)分からないこともあるけど、何だか魅力的に見えることがある。
 ドック・オク演じるアルフレッド・モリーナも好演。設定としてグリーン・ゴブリンと重なるところも多かったけど、雰囲気だけでなく、外見もノーマン(グリーンゴブリン)に似ていた気がする。
 
 「3」が公開されてるので、観た人も多いと思うけど、観ていない人は復習してみると良いかも。
スパイダーマンオフィシャルポータルサイト
スパイダーマン3オフィシャルサイト
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★最大一ヶ月無料キャンペーン中!
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
「血の味」はノンフィクション作家、沢木耕太郎が描いた初の長編小説。

「中学三年の冬、私は人を殺した」。少年院を優等生で過ごした後、環境に恵まれたこともあり、私は徐々に「元の世界」へ戻って来た。しかし生活の中でふとした瞬間に、「あのとき」のことを思い出している。溢れ出した記憶に押し流されるように私は回想を始める―

 全編通して単調でありながらも、繊細で丁寧に「私」の感情が描き出されている。少年だった「私」にはかなり共感させられるところもあり、「殺意」の理由を理解できたような気になるのですが、それは間違いなく錯覚です。

 ミステリではないけれども、ちょっとした意外性もある。伏線はあるものの、それに気づきつつも信じたくない、と思ってしまうのはもしかしたら仕方が無いことなのかもしれない。それは多分皆そうなのだ。「私」が殺人を犯したその後、誰もがその理由を知りたがる。理由無しに人を殺した、なんて考えたくは無い。ましてや…

 レビューを見た感じでは、あんまり良くないと思っている人も少なからずいるようですが、これは名作だと思います。僕が読んだ純文学の中で、数少ない良作(理解できる小説)だと思います。
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス
監督:カリン・クサマ
公開:2005年3月

個人的評価:☆
おススメ度:☆
セクシー度:☆

西暦2011年、品種改良によって発生したウィルスにより、人類の99%が死滅。しかし科学者が開発したワクチンにより、人類滅亡の危機は回避することが出来た。以降、生き残った500万人の人類は汚染された外界と壁で隔てられた都市ブレーニャで、安全な境遇と引き換えに救世主である科学者を主君に圧制された管理化の中暮らしている。病気もなく、飢えもなく、戦争もない、未来のユートピア。しかし、そんな政府に抵抗し思想の自由を求めて戦うものたちがいた。反政府組織“モニカン”がそれである。いよいよ、その革命戦士(レジスタンス)であるイーオン・フラックスに、秘密と虚偽のヴェールに包括された未来都市・ブレーニャの支配者暗殺の命が下る。ブレーニャに隠し続けられた秘密とは?イーオンの運命を変える旅路が始まる・・・!(シネマ★Peopleより)

…うん。
割とどうでもいい感じ。
最後まで話に入っていけなかった。
設定はまあそんなに難しくは無いんだけれども、
ストーリーが退屈だった。
1時間半の映画で退屈って…どうなんだろう?
どうせなら二時間ぐらいでもっと作り込んだ方が、
よかったんじゃないかと思います。

とにかく
設定が特別良いと言うわけでもなく、
アクションシーンに見せ場があるわけでもなく、
加えて当時のCGではまあこんなもんだろう、と。
無い事尽くしですね。
主演のシャーリーズ・セロンはともかく、
他のキャストが地味

…あれ?
もう語ることが無い。
あんまり能く理解できなかったので、
ストーリーや設定などは公式サイトで確認しておくれ。

AEONFLUX公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★最大一ヶ月間無料キャンペーン中!

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
 私立蒼峻学園は「優秀な人間を育てるために国が資金援助をして設立した」学園。三歳の時から学園の中で育ってきた高野槙は、外の世界への興味を抑えきれない。そんな時、学園に転校してきた氷夏桐子に槙の記憶は刺激される。
 ―彼女は以前この学園にいた筈だ―、自分の記憶の曖昧さに不審を感じていた槙は彼女に接触を試みる。そして聞かされる。
 蒼峻学園は大手製薬会社の実験施設なのだと。
 彼女の脱走に力を貸した槙だが――
 数日後、学園に再び姿を現した桐子は槙に虚ろな目を向ける。

ストーリーはこんな感じ。
アフタで途中から読んでたけど、一巻を読んでみた。
やっぱり面白いですよ。
著者独特の雰囲気がストーリーにあっている。
今後の展開が気になる。
二巻は学園から逃走した後の、槙たちがえがかれているらしい。


隔離された学園都市 作られた日常 操作された記憶、学園の名を借りた実験施設 自由への逃走
培養された天才児たちの反乱。
僕たちは学園から“自由”という出口に向かって走り始める。
迷路で走り続けるハツカネズミのように。
(Amazon内容紹介より)


「ハツカネズミの時間」は月刊アフタヌーン連載の冬目景作品。
最新三巻は6月22日発売。
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
GX139話「ダーク・フュージョン!インフェルノ・ウィング!」
遂に覇王十代とジムのデュエル。

ジムのデュエルは久々。
やっぱりそれなりに強いみたい。
それはどうでもいいけれど、
E(イービル)-HEROは反則ww

「この右目が囁いている」
ジムカッコヨスww
でも少年ジムはやっぱ邪悪ww

それにしても、
「大いなる力には大いなる責任が伴う」
は、スパイダーマンのパク(ry

以上、まとまりのない感想でした。
次回140話は「空前絶後・超融合発動!」
遊戯王デュエルモンスターズGX公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
『ひぐらしのなく頃に未公開シーン集 蔵出し編』がやっと来ました。
P1010404.jpg

すでにヤフオクでは高額に。
今のところ、最高値は5350円。
出品者が多いので、穴を狙えば安価で手に入れられるかも。
蔵出し編は「ひぐらしのなく頃に」シリーズの暇潰し編2巻・目明し編1巻・罪滅し編1巻・宵越し編1巻の4冊を購入した人限定の応募者全員サービス。
もう二ヶ月も前ですが、応募締切り直前に『アキバBlog』さんでも紹介されていました。
なんでも、完成版の『優しくて気弱な悟史』と全然ちがう、このクールなイイ男っぷり が見られるらしい。
読んだら感想をば。
ひぐらしシリーズ最新刊は6月22日に
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編2巻がスクウェア・エニックスから
23日にはひぐらしのなく頃にアンソロジーThe ninth caseが宙出版から発売予定。
ひぐらしアニメ第二期は七月から放映予定。

07th Expansion
テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
文庫
6月8日  秋好英明事件         島田荘司  文春文庫
12日   密室に向かって撃て!     東川篤哉  光文社文庫
12日   死の谷の狙撃手        鳴海章   光文社文庫
12日   メリー・ウィドウ・ワルツ   赤川次郎  講談社文庫
15日   佐藤さん           片川優子  講談社文庫
15日   都市のトパーズ(完全改訂版)  島田荘司  講談社文庫
23日   約束             石田衣良  角川文庫
23日   被匿 刑事・鳴沢了      堂場瞬一  中公文庫
28日   ロッティー、家へ帰ろう    テリー・ケイ 新潮文庫

コミック文庫
6月15日  遊戯王(3)(4)  高橋和希  集英社
23日   ゲゲゲの鬼太郎(5)豆腐小僧  水木しげる  中央公論新社

コミック
6月8日 アキハバラ@DEEP 6(完) アカネマコト  新潮社
10日  ゲゲゲの鬼太郎血戦小笠原   水木しげる  中央公論新社
10日  ゲゲゲの鬼太郎 陰摩羅鬼   水木しげる  中央公論新社
15日  ツバサ(19)          CLAMP  講談社
15日  悪魔kん 貸本版(完)     水木しげる  チクマ秀版社
22日  謎の彼女X(2)         植芝理一   講談社
22日  無限の住人(21)        沙村広明   講談社
22日  あたらしい朝(1)        黒田硫黄   講談社
22日  ハツカネズミの時間(3)     冬目景    講談社
22日  ひぐらしのなく頃に罪滅し編(2) 鈴羅木かりん スクウェア・エニックス
23日  Rozen Maiden(8)(完)      PEACH PIT   幻冬舎
25日  戦線スパイクヒルズ(6)     井田ヒロト  スクウェア・エニックス
25日  黒神(6)            パク・ソンウ スクウェア・エニックス
26日  きみにしか聞こえない     清原紘    角川書店
26日  パズル(1)           三部けい   角川書店
27日  BLOOD ALONE(4)   高野真之   メディアワークス
27日  ZOMBIE-LOAN(8)   PEACH PIT   スクウェア・エニックス

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
出演:ジャッキー・チェン、クレア・フォラーニ、リー・エヴァンス
監督:ゴードン・チャン
公開:2003年

個人的評価:☆☆
おススメ度:☆

「巳年の5月に選ばれし少年が、聖なるメダリオンを合体させる…。」
その予言が記された聖典を発見した、密輸犯罪組織の首領、スネークヘッドは、メダリオンのカギを握る少年、ジャイの誘拐を実行、アイルランドへ連れ去ってしまう。一方、スネークヘッドの行方を追っていた香港警察の刑事エディは、インターポールのワトソン、元恋人のニコルとチームを組んで決死の捜査を始める。スネークヘッドの部下がジャイを連れて埠頭に現れるという情報を掴んだエディは、彼を救い出すことに成功するが、2人を閉じこめたコンテナが水中に落下、ジャイの命を守るため、エディは自ら犠牲となってしまう。悲しみにくれる仲間たち…。だが、ジャイの持っていたメダリオンをエディにかざしたことで、彼の身体は光に包み込まれ、肉体はみるみるうちに甦っていく。不死身のパワーと共に…。

(内容紹介より)

……う~ん。
…う~ん。
何とも評価に困る作品です。
ジャッキーチェン誕生50周年、映画50作記念の本作ですが、正直あまり面白くない。
ジャッキー大好き!な僕でもやっぱり頂けない。
ストーリーの根幹にある設定は悪くないと思います。
「人を甦らせるメダル」
アクション映画にはさほど珍しいモノでもないけれど、あくまで娯楽作品で、観る人が楽しめればそれでよいんです。
ただアクションシーンがなあ。
ジャッキーアクションはもちろん健在。
…なんですが、活かし切れてない感じ。
もっとコミカルでいいと思う。
ジャッキー演じるエディがメダルの力で甦った後、超人的な力を持つことになるんですが、そこからのアクションはもはやジャッキーでなくてもよいのでは。
超人的ってのは、あくまで人間の持つ能力の延長線上で、空を飛んだらおしまいだと思う。
カンフーアクションにはよくあるけど、演出で、人が殴り飛ばされるのを、本来1m程度のところ、3,4m吹っ飛ぶように見競るのは良い。でも水の上を歩いたり、飛んだりってのはやっぱいただけない。
だからこそジャッキー映画が好きなんですけれども、この映画にはそれが無い。
だからあんま面白くない。

まあ散々に言っておきながら、いくつか見所を。(小ネタバレ)
ジャッキー演じる刑事エディが少年ジャイと共にコンテナに閉じ込められ、海に沈められてしまうシーン。
この絶体絶命の状況からどうやって助かるのか!って期待したんですが、エディ死亡。。
ただジャイを生還させることには成功。まあここらが良いシーン。

あと、復活したエディが不死身の体を持ったことを確かめるシーン。
エディの相棒、ワトソンがなかなか面白い。
ワトソン役のリー・エヴァンスはなかなか良かったんじゃないかと思います。
前半はともかく後半は彼に注目。
すれば少しは楽しめるんじゃないかと。
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★最大一ヶ月無料キャンペーン中!

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
「ToLOVEる」4巻が発売されてた。
4巻にして既に惰性で買っている感が否めない…
言いたいことはいろいろあるけれども、
でもキャラクターファイルなんかを読むと、
意外と考えられて描かれているので、
もはや何も言うまい。
読者も大層いるようだし。

30話でコロット風邪をひいて性格の変わったララだけど、
何にも感じなかった…
やっぱ普段のララが駄目なんですよ。
僕にとっては。
天条院先輩の方が良い。
でも…無いな。
好きなキャラがいない…

まあいいんですよ。
ほどよいエロスとギャグがあれば…
……ほどよい?
やっぱ少年誌でこれはまずいんでないですか?




オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
ネタバレです。
↓まだ観てない人は絶対見ないほうが良い。
[「大日本人だよ!!」]の続きを読む
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
今日観た映画の予告です。

舞妓Haaaan!!!
出演:阿部サダヲ 堤真一 柴崎コウ
監督:水田伸生
脚本:官藤官九郎
公開:2007年6月16日公開

憑神
出演:妻夫木聡、赤井英和、西田敏行
監督:降旗康男
原作:浅田次郎
公開:2007年6月23日

ドルフィンブルー フジ、もう一度宙へ
出演:松山ケンイチ、西山茉希
監督:前田哲
公開:2007年7月7日

ピアノの森
出演(声):上戸彩、神木隆之介
監督:小島正幸
原作:一色まこと
公開:2007年7月21日

怪談
出演:尾上菊之助、黒木瞳
監督:中田秀夫
原作:三遊亭円朝『真景累ヶ淵』
公開:二〇〇七年八月四日

べクシル 2077日本鎖国
出演(声):黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子
監督:曽利文彦
公開:2007年8月18日

伝染歌
出演:松田龍平、大島優子
監督:原田眞人
原作:秋本康
公開:2007年8月

自虐の詩
出演:阿部寛、中谷美紀
監督:堤幸彦
公開:2007年秋

ミッドナイトイーグル
出演:大沢たかお 竹内結子
監督:成島出
公開:2007年12月X日

やじきた道中 てれすこ
出演:中村勘三郎、柄本明、小泉今日子
監督:平山秀幸
公開:2007年11月


オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
「これでいいのだ」ってことですよ。
言えるのはこれだけです。
これはもう何も言えない。


予備知識は無いほうがいい。
とにかくおススメ。
観たら絶対誰かにおススメしたくなる。
「いっぺん観てみ。」
その前に、
「くだらない映画だけど、」って付くかも知れないけれど。
人それぞれなので、「つまらなかった」と言われても、
何も出来ないけれども。


まだ観てない人もたくさんいるでしょうから、
語るのはネタバレゾーンで。
とにかく、


――「是非。」――

大日本人公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
久々に『ターミネーター2』を観ました。
観るのは多分4,5回目だけど、
やっぱり良いよ。『2』は。
『2』のシュワちゃんのかっこよさは異常。
『3』もそこそこ良かったけど。


観てない人はいないんじゃないかって気がするので、
あらすじは割愛させていただきましょう。
その他語りたいことはたくさんあるけど、
また後の機会に。


『ターミネーター4』は結局どうなったのか。
ちょっと調べてみたけど。
ここ最近の新情報は無いですね。
映画製作決定はしてるそうですが、
どうやらシュワちゃんは出ない模様。
残念。(´・ω・`)


『2』は当時にしてはCGの出来が良くできてるなと思うんですが、
T-1000がサラや、精神病院の看守に変装するとき、
本人とT-1000が同時にスクリーンに映るシーンがありますね。
あれはリンダ・ハミルトンの双子の姉と、
看守役のご兄弟が出演されているんだって。
初めて知りました。
皆さん知ってました?


『ターミネーター・ファンサイト』さんに載ってました。
これまでの三作のあらすじとか、
その他情報が色々載ってます。
更新止まってるけど、
新情報が無いから仕方ないんでしょう。


それにしても「シュワちゃん」、
他に呼び方は無いものか。
アーノルドさんじゃ誰か分かんないし、
シュワルツェネッガー氏じゃ硬すぎる。

ターミネーター・ファンサイト
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★二週間無料キャンペーン中!

オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
天元突破グレンラガン第九話「アニキっていったい誰ですか?」


獣人はなんかヒドいな…
ニアをあっさり捨てた螺旋王。
それよりもアディーネに対する仕打ちが印象的。
アディーネたぶん全く悪くないよ…

そのアディーネもニアに対してヒドいな。
ヴィラルに対してはもっとヒドいよな。
でも二次ではよくある光景。

「獣人っていったい何ですか?」


回想でもアニキはまともには出てこなかった。。
もっと重要なシーンではでてくるんでしょか?


まあニアが可愛ければ良いよ、ということで。

次回第十話は
「シモン、手をどけて」

天元突破グレンラガン公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
映画「キャットウーマン」を観ました。
ハル・ベリーがマジでセクシー
キャットウーマンとしての能力を手に入れた最初の頃、
彼女はレザースーツで行動するんですが、
これがまたセクシーww
某デスノの某南空ナオミとは大違いww
あの時はまさかレザースーツが
(三次元では)こんなに魅力の無いものなのか…
とガッカリしたんですが、
着る人が着ればとても素敵です。うん。



主人公ペイシェンス・フィリップスは、グラフィック・デザイナー。
彼女は「いじましいほど従順な」女性で、いつも「自己の存在に対して申し訳なさを抱いて」いる。そんな彼女が働いている化粧品会社の販売する、老化防止商品には、実は怖ろしい副作用があると知ってしまい、命を狙われる羽目になる。工業排水に押し流された彼女を救うものは―猫。
生まれ変わった彼女は、猫の特性を持つ超人的な能力を手にしていた。

その「きっかけ」を与えた猫の飼い主、オフィーリアから、彼女は聞かされる。同じ能力を持つ女性が過去にもいたことを。自分は「キャットウーマン」、選ばれし者なのだと。

ちょうどその頃出逢った刑事との関係に、最初は戸惑いも見せていたが、その関係は急速に加速していく。しかし彼はキャットウーマンの存在も気になり始めていた。
そして疑いを持つようになる。彼女がキャットウーマン?
それが確信に変わった時、「彼女」と「キャットウーマン」の関係にも変化が起こっていて――


ストーリーはこんな感じですか。
あ、キャットウーマンの敵となるのは、
ペイシェンスの勤める化粧品会社の社長婦人です。
「彼女」に秘密を知られてしまった彼女は、
一度は懐柔を試みるが、「キャットウーマン」がその誘いを断ると、
夫を殺し、「彼女」に罪を擦りつけるのです。
社会にとって「キャットウーマン」は、
正義なのか悪なのか。

「バットマンシリーズ」を詳しく知らないのですが、
60年以上の歴史の中で、
時代によって彼女はその性質が変わって来ているらしい。
一度観てみようか。「バットマン」


それにしても、こんなネコ耳に「萌え」は無いよな…
アメコミのヒーロー(或いはヒロイン)のコスは、
日本人にはやはり馴染みにくいな。

「キャットウーマン」公式HP


オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
LIARGEME第八話、遂に敗者復活戦終結です。
秋山の計画に割り切れない想いを抱いた直が取った道は…

「全員が無欲で正直者であれば良い」
LIARGAMEの真の必勝法。

…正論ではあります。
盲点だったのかもしれない。
しかしそれを知った上で、その方法を選ばない道もある。
たとえそれが正しい道でもです。
欲だけでなく不安から、ということもあるでしょう。
それを実行できることが、直の「強さ」だと思います。

でもそんな直のある意味「美徳」とも考えられていた
「誰でも信用する」といった姿勢が実は…
というのが、次回の一つのポイントです(多分)。
原作四巻読んだ人は知ってると思いますが。


三回戦はやはり「密輸ゲーム」の様子。
連載では終わっているのかな?
三回戦での結末は原作と同じなんでしょうか?
とにかく次回が楽しみ。
三回戦で二週費やして、最終回で決勝、ということでしょう。
最終回(6月23日)は午後九時から、三時間スペシャル。
めちゃ楽しみ。


それにしても、
フクナガに一億渡すときの直、
うはww
あの子、天使。
と言ってしまうほどの笑顔でした。

HPで見たけど、
LIARGAMEの首領は北大路欣也さんが演じるみたい。
それにしてもヨコヤダサスww

LIARGAME公式HP


オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。