ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東野圭吾の「ある閉ざされた雪の山荘で」を読んでみた。

 早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した若き男女七名。これから舞台稽古が始まるのだ。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇である。だが一人また一人、現実に仲間が消えていくにつれ、彼らの中に疑惑が生じる。果たしてこれは本当に芝居なのか、と。一度限りの大技、読者を直撃!(本書カバーより)

 ま、人それぞれと言うことで。レビューを見たところ、この作品は結構評価がいいようです。で、例によって、個人的には反対意見を唱えたい(笑)。でも作品が悪いわけじゃない。ただやはり個人的評価はそこそこ、といったところです。
 「閉ざされた雪の山荘」、ここから想像される「外部から孤立した場所で、絶対に出ることも外部へ連絡も出来ない」状況ではないのです。ただのペンションを外部からの設定付けによって、それに近い状況を生み出した。そして殺人(?)を行っても不自然でない状況、を生み出す、そういった創意工夫は見事なものだと思います。 
 しかし本格謎解きモノではないですよね。あくまでパロディとかそういったものであり、それ以上のモノにはならないですね。本格謎解きモノを予想して読むつもりなら止めた方がいいかもしれません。がっかりするから。
 著者の持ち味はどんな重々しい物語でも、軽快さを漂わせ、読み進むのに苦痛を感じさせない、といったところだと思うんですが、逆に物語が軽すぎる気がしないでもないです。ラストにも意外性が無いし。

 散々に言った後ですが、著者が読者を楽しめる工夫は随所に見られ、実際読んでる間は退屈しなかったです。「一度限りの大技!」とか「驚愕の結末」とかの売り文句はとりあえず無視して、楽しんで読んで頂きたい。

↓ネタバレ
本書未読の方は読まない方がいいかも。

 本作品では神の視点(本人がそう思ってただけだけど)を持つはずの人物が一介の登場人物に引きずりおろされるわけですが、「私(読者)」を犯人にするような作品は未だに無いようですね(僕が知らないだけかもしれませんが)。
 綾辻行人(だったと思う)が言っていたけれど、推理小説家は大抵これを考えていると。これが出来ればミステリの歴史に残るのは間違いない筈。誰か、頑張って作って下さい。僕はただ読むだけですが。
スポンサーサイト
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/107-79f39632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。