ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 愛知県警豊橋署に勤務する和泉康生はたった一人の肉親であり、今は東京に住む園子から電話を受ける。「あたしが死んだら……きっと一番いいんだろうと思う」 園子の言葉に不安を感じた和泉は園子の住むマンションへを訪ねるのだが、園子は既に死体となって横たわっていた… 
 現場の状況から和泉は「園子は殺されたのだ」と確信する。 和泉は即座に行動を開始した。真犯人を見つけ“復讐”するのだ。現場に落ちていた髪の毛は三種類。一種は園子のものである。目に付いた電話番号のメモから、その二人が佃潤一と弓場佳世子であることを知る。この二人のどちらかが彼女を殺したのだ… 
 現場の状況、遺留品から様々な推理を展開するが、真相に達することが出来ない。そんな和泉に接近する練馬署の加賀刑事。和泉が現場を「いじった」ため、真相には程遠いはずだが… 
 「証拠は要らない。“真相”を確信出来、“復讐”が出来ればそれで良い」 和泉は容疑者二人を問い詰めるが、二転三転する状況と容疑者の証言… 園子は本当に自殺だったのだろうか… しかし加賀は断言する。
 「それでもやっぱり、園子さんは殺されたんだ」


 東野圭吾著「どちらかが彼女を殺した」
 再読だと思ったけど、内容に覚えが無いので未読だったようです。最もその文面白く読めたので良かったといえば良かったんですが。「私が彼を殺した」より難易度は低いそう。ポイントとなる部分は分かった気がしますが、確認してないのではっきりとは分かりません。もう一度読んで推理するか、ネットで調べてはっきりしたら、そのことも書くかもしれません。もし初めて読んだ場合でも、注意して読めば、比較的簡単に真相が分かると思います。ミステリ初心者の方も是非一度読んでみてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/109-bba05c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。