ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出演:渡辺謙、樋口可南子、吹石一恵他
監督:堤幸彦
原作:荻原浩『明日の記憶』
公開:2005年
明日の記憶明日の記憶
渡辺謙 荻原浩 堤幸彦

東映 2006-10-21
売り上げランキング : 228
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昨日TVでやってた映画。初めて知ったけど堤幸彦監督作品なんですね。ちょっと意外。単行本発売当時から話題になってたので、原作は割と早く読みました。かなり丁寧に描かれていて、映画ならではの表現が良かったです。渡辺謙さんはちょっとイメージ違ったけど、やっぱり日本を代表する役者さんということで、すばらしい演技でした。その他脇を固めるのも結構豪華なキャスト陣。何だか上手い具合にはまってました。

 やはり徐々に進行していく病気、しかも病状がはっきりしているは辛いですよね。本人も周りの人達も。現在珍しい病気ではないといっても、やはり身近にその病気になった人がいないとその存在さえ知られ邸内ということもあるわけで。そうなると人間関係は絶望的ですよね。

 不治の病気等を扱った作品として、その理解、予防のために是非観てもらいたい、というだけでなく一つの作品として良作だと思います。でもレビューを見たところ平均としては80点前後でした。個人的には95点ぐらいあってもいいと思います。

 この映画がヒットして、というか原作発売から一気に荻原浩の人気が上がりましたね。映画化で原作者がもてはやされるのは基本ですが、他の映画原作者に比べてもかなり話題になったようです。僕もつられて荻原作品をほとんど読破しました。作品の質が安定してますし、読者層もかなり広いのでは、と思います。一番良いと思ったのは「さよならバースディ」。あと「母恋旅烏」とか好きです。

 昨日の放送も含め、観た方も多いと思うのであらすじは割愛させていただきます。詳しくは、下の公式サイトやこちらの明日の記憶(Google検索)からどうぞ。


明日の記憶 公式サイト
ほぼ日刊イトイ新聞
↑「『明日の記憶』とつきあう。」と題して渡辺謙さんとのメール交換など公開されてます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/128-69e6ff89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
明日の記憶一番良いと思ったのは「さよならバースディ」。あと「母恋旅烏」とか好きです。 昨日の放送も含め、観た方も多いと思うのであらすじは割愛させていただきます。詳しくは、下の公式サイトやこちらの明日の記憶(Goo
2007/07/04(水) 16:16:08 | 芸能NEWS!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。