ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「魍魎の匣」「DEATHNOTE」的には軽くネタバレ


「魍魎の匣」を読み返していると、

久保竣公が誰かとイメージが重なって感じたので、

ずっと悩んでたんですが、「デスノ」の魅上でした。

…正直、そんなに共通点はない気もしますが。

共通点を挙げてみると、


  • 整った容姿
  • 博学
    (二人とも努力家。そして資質もあったハズ)
  • 一般的な認識。
    (すこしズレてる、といっても二人の考えはまるで違うものですが)
  • 幼いころの体験
    (及び、それに根ざした屈折?)


…こんなものですか。少な。

補足するとすれば、

久保の「不幸の住所録」への書き込み

及び魅上のDEATHNOTEへの書き込み度、ですかね。

    
二人ともみつしり書き込んでますね。

二人とも度を越した几帳面さです。

久保は空間恐怖症も手伝って、と言うところでしょうか。



あと、これはたいしたことではないけれども、

決着の舞台が両作品とも「匣」でしたね。

正確に言えば、よりYB倉庫に近いのは久保の自宅なんですが。




正直、これだけデス。

以上、オチの無いお話でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/23-26396370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。