ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なるべくネタバレにならない感じでいきますが、

ドラマの展開を純粋に楽しみたいという人は

読まないほうがいいかも知れません。




LIARGAME4巻、買って来ました。

第三回戦は『二つの国を行き来するゲーム』なんですが、

ついにこれまでの参加者以外の「敵」が登場します。

第一印象で云えば、「良い人」感が、まるで無い。

彼らも、直や秋山と同じ過程を辿り着いたんでしょうか。

直のチームが仲間割れを繰り返す一方で、

相手チームは「ヨコヤ」と云う人物が「支配」しているらしい。

ついに姿を現したヨコヤは「透視」ができる、と宣言する。

しかしてそのトリックは…




三回戦は舞台が大きくなり、ルールも少し複雑に。

まあ、やってることは結構簡単なんですが、

説明しようとすると、難しいですね。

ゲーム中盤(四巻の最後)で発覚するトリックは

ある意味、これまでで一番単純なのかも知れないですよ。

いや、マジで。

LIARGAMEドラマ公式HP


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/39-264fc4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。