ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開中の映画「眉山」の原作を読んでみました。

映画と原作は色々相違点があると聞いたんですが、

確かに色々違ってましたね。

特にラストシーンですね。


原作と映画、それぞれに良い所がありますから、

どちらがいいか、というのははっきり言えません。


ヒロイン咲子の心情が言葉で表されている分、

小説のほうが理解しやすいかも知れませんが、

映画でもそうした表現を配慮してあり、

解り難いというところも無かったように思います。



ストーリーに関しては、

映画のほうが上手く纏め上げられてました。

ヒロイン咲子の、父親へのアプローチ(?)の仕方(経緯)は、

映画の方が馴染みやすい感じでした。



ラストシーンは様々な文章、表現、技法で彩られていて、

印象的でした。

映像的な面では、阿波踊りのシーンは

映画に敵いそうにありませんでしたが。





あまり内容に触れなかったから、

解り難いですね。

個人的には、映画のほうが好きです。

ただ、順番で言えば、映画を先に観た方がいいと思います。

小説のほうは、読むのにそんなに時間はかかりませんので、

機会があれば、ぜひ読んでみてください。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/40-d06ff99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。