ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと「姑獲鳥の夏」を観れました。
…観れた?
いや、観ちゃった、でした。


…うん。確かに評判は悪かったけど…
やっちゃいましたね。
褒める類の言葉が見当たりません。
原作とは別物、と思って観たけど、
そういう問題で無く、映画として面白くなかったです。


問題点は
・話に脈絡が無い
・視覚効果及び演出の類がミスマッチ
・各々のキャストのキャラクター認識にずれがある
・原作を越えようとしていない

ってところですか。
特に一つ目は、原作を読んでなければ話の筋が読みにくい。
→原作を読む→映画は要らない、ということです。



この上原作と比較するととんでもないことになる。
キャストはやっぱ全員駄目でしょう。
個人的イメージですが。
主役にとどまらず、和寅、鳥口、里村に至るまで。
映画に必要ないと思うなら、
もう登場させなかった方が良かったんじゃないですか?

更に気に入らないのは、
寺島さんを原澤役にしたこと。
年齢の都合上、やっぱ無理かなとは思ったんですが。
原澤役をさして不自然にでもなく演じられたんだから、
木場だって出来るんじゃないか?
木場タイプの刑事は寺島さんがぴったりですよ。


カメラワークは完全裏目に出たんじゃないかと思います。
何となく意図するものは分かるんですが、
過剰演出というか、もっと普通で良かったはず。


最後に「原作を越えようとしていない」こと。
もちろん個人的な発想ですが、
原作を如何にまとまりよく仕上げるか、
どうすれば映像化に耐えうるか、みたいな事を
考えすぎたんじゃないかと。
でも、この程度(失礼)の映画なら、
それまで「映像化不可能」だなんて言われてない筈です。


というわけで、多分二度と観ることは無いでしょう。
お勧めもしません。
…ただ「魍魎の匣」も観ることになるんだろうなあ。
またがっかりする気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/59-fa5aadae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。