ストーリーを持った様々な創作物に対しての感想、紹介等々。 思うところあればお気軽にコメ下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は金曜ロードショーで「天空の城 ラピュタ」やってましたね。
もう何度か観てるから今日は止めときましたが…
1986年かあ。
この頃既にこんな良い映画があったなんて…
良いなあ。

そういえば7月に「ゲド戦記」が発売ですね。
そんなに悪くなかったと思うんですけどね。個人的には。
話にまとまりが無いとか色々言われてますが、
ストーリーは本来の観客層である子供達には、
他の映画より伝わりやすかった気がします。
…あれ?ジブリ映画の観客層ってどの年代ですか?
子供じゃないんですか?

「千と千尋の神隠し」は世界的に評価されてるけど、
個人的には何となく馴染めなかった。
ジブリ映画には色々なものが求められ過ぎているような気がする…。
宮崎吾朗監督はもう完全に「宮崎駿の息子」ですもんね。
もっと素直に映画を観たい…。
ま、究極的にはテルーが可愛ければそれで良いんですが!
まさに外(ry

今日深夜毎日テレビ系列では「嗤う伊右衛門」放送。
明日の土曜プレミアムは「ザ・ロック」

あと、来週の地上波映画は…

日曜洋画劇場「猿の惑星」
木曜洋画劇場は「山猫は眠らない2」
金曜ロードショー「バーティカル・リミット」
土曜プレミアム「ライアーゲーム最終回 三時間スペシャル」←重要!!

スタジオジブリ公式HP
オンラインDVDレンタルの★TSUTAYA DISCAS★キャンペーン中!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramoonote.blog100.fc2.com/tb.php/96-ffb0c7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
天空の城ラピュタですが、宮崎アニメの第二作目です。これは一番好きなアニメかもしれず、とにかく良く出来ており何度見ても楽しめます。最近の宮崎アニメは、アニメの部分はとにかく進歩しており実写のようになっていますが、ラピュタはまだまだアニメという感じはします。
2007/06/16(土) 01:19:22 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。